自分で治す包茎の方法は手か道具か2択

包茎を自分で治す2つの方法とは?

 

 

 

思春期で自分のペニスが包茎だったら気になりますよね。

 

日本人は不思議なことに

 

  • 小学校は剥けチンが恥ずかしく
  • 高校生になると包茎が恥ずかしくなります。

 

日本人ならではの集団心理が働いていますね。

 

小学生など子供時代は自分たちと違った様子をからかう傾向があります、

 

オチンチンに毛が生えてる!
オチンチンの形が変だ!

 

 

それが性の知識がついた中高生になると

 

包茎だ!
剥けてない!

 

と、からかわれます。

 

しかし今の時代では
小学生の真性包茎の手術でも、あえて亀頭をむけることができる仮性包茎に手術する子供も多いそうです。

 

それは、皆と違ってからかわれるからですね。

 

確かに小学6年生の時の修学旅行では
オチンチンに毛が生えていることでからかわれた記憶があります。

 

包茎を自分で治す2つのパターン

 

 

包茎を自分で治す2つのパターン

 

2つの方法は

 

  1. 自分の手で包茎を治す
  2. 道具を使って包茎を治す

 

 

 

自分の手を利用して行う方法は

 

「むきむき体操」などをして徐々に治していきます。

 

また道具を使う方法としては

 

キトー君
」というような包茎を治すための色々な器具を利用して治していきます。

 

 

 

自分の手を使って包茎を治す方法とは

 

 

別の記事(自分で包茎の悩みを解決した方法)でも記載しましたが、包皮でかぶっているペニスの先端の部分を無理のない程度で上下して、包皮口を広げていく方法です。

 

排尿する時、お風呂の時、とにかく自分のペニスをズボンから出す機会があれば、その「むきむき体操を」を心掛けることです。

 

そうしている内に

 

段々と皮が伸びていき亀頭が徐々にでるようになり、ある時期にペロリと剥けるようになります。

 

最後には

 

亀頭のヘリ(カリ)に引っかかるようになり、そこが一番大変な部分ですが、そこまで剥けるように無理しないで剥くようにしたください。

 

無理にむくことで、戻らなくなったり、血流などの遮られるカントン包茎などになると大変です。

 

とにかく、焦らないで徐々にでいいです。

 

無理すると、本当に痛いですし、出血したり等いいことはありません。

 

道具を利用して包茎を治す方法とは

 


 

 

Amazonなどでも包茎改善グッズが販売されています。

 

ただし、薬機法に抵触するので、全ての商品がジョークグッツとして販売されています。

 

また、レビューなどを見る限りそれほど効果を発揮しているものはないようですね。

 

そんな器具の中でロングセラーで販売されている包茎改善の器具として一番ポピュラーなのは「キトー君 」という器具ですね。

 

これは多くの人が奨励している商品で、返金保証もありますので安心して利用できます。

 

また、真性包茎が治らなかった、改善しなかった場合などは、手術代金の保証もしてくれるのでお得です。

 

例えばキトー君の場合でもそうですが

 

器具を利用する場合基本は手で広げるのと同じ考えです。

 

狭くて亀頭が出ない包皮の口を広げる要領です。

 

 

手の場合は「むきむき体操」の要領で上下に動かして亀頭を出す動きをしますが、キトー君

 

 

 

なぜ、包茎を治すことができるのか?それは皮膚が伸びる習性があるから

 

 

 

よく身近で言えば、ダイエットする女性がいますよね。

 

TVでも見かけますが体重が100Kg以上ある女性がダイエットで50kgまで減量してスリムになった名残りとして、腕や腹に伸びきった皮膚がのこっている映像見たことはありませんか?

 

その皮膚は同じ人の皮膚が体重が増えるほどに伸びていった証拠なのです。

 

また一度伸びた皮膚は縮んだり戻ることはありませんので、手術で除去するしか方法はありません。

 

それと同じで、包茎になっている皮も伸ばすことができます。

 

ただお腹の皮膚としがって、巻いている皮膚だということです。

 

一度剥けてしまえば、それまで包皮にかぶっていた陰茎や亀頭が成長して大きくなり、常に剥けた状態になります。

 

ただ、剥けない場合は皮を伸ばして亀頭を出すようにしなければなりません。

 

むけた後どうなればいいのか?

 

 

 

普通であればむけたままになりますし、それでOKです。

 

 

ただ剥けるようになったとしても、ペニスの外側の皮が多く、正常時のペニスが小さいなどといった場合は

 

勃起した時は剥けていても通常時は皮が冠ったままの仮性包茎となります。

 

この仮性包茎の状態が嫌な場合は

 

中の陰茎や亀頭の成長を促すか、

 

れとも

 

余分な皮を切る

 

かという選択になります。

 

ただ、他の記事でも解説していますが「たとえ仮性包茎でも射精ができれば機能的には問題がないです。

 

【関連記事1】
包茎のままで初めての初体験|彼女に嫌われなかった理由
【関連記事2】
自分で包茎の悩みを解決した方法|包茎生活50年が語る

 

あとは見た目を気にするかだけですね。

 

 

 

 

page top